HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 2016年9月

頭皮のコラム 2016年9月

ビッシリと カサブタ状 の フケ no"昔"の頭皮ケアno"お話し"

フケについては、20年くらい前までは、硫黄剤による剥離 ケアも方法の一つでした。
硫黄は固くなった角質を硫黄が軟化させ溶かしてくれる作用があり、殺菌作用によりニキビ・吹き出物にも有効だという性質からです。
 
\(~o~)/ スポーツの秋、行楽の秋、紫外線の刺激で頭皮の痒み、赤み、湿疹などを誤ったケアで悪化させない様に注意しましょう。
AUT_0028.JPG
 
ところで、硫黄というと温泉を思いおこします。卵が腐ったような臭い、また湯花により白濁する温泉も多いのが特徴です。
掲示用泉質名では硫黄泉と一括りにされていますが、硫化水素の含有の有無により、全く含まない硫黄泉と、これを含む硫化水素泉に大別されるそうです。PH的には幅広くて、酸度が高いものは硫化水素型に多く、アルカリ性を示すものは硫黄型に多いそうです。
(>_<)浴用禁忌として、皮膚、粘膜の過敏な人には向かないとります。特に光線過敏症、高齢者の皮膚乾燥症(硫化水素型のとき)には注意が必要です。一般的にも乾燥肌の人には向きません。(剥離作用など、刺激が強すぎて逆効果になることがあるからでしょう。)
そしてアクセサリーは外して入浴する、と注意があります。硫化水素ガスは鉄、銀など一部の金属を酸化させる性質を持っているので、温泉に入る際にはネックレスやブレスレット、ピアスなどのアクセサリー類を外し、特にシルバーアクセサリーは湯気だけでも変色する事があるということで、脱衣所に置きっぱなしも避けたが良いそうです。

(^o^)丿 脂漏性のビッシリと、カサブタ状の頭一面のフケはこそぎ落としてスッキリしたくなります。が、上記の様に注意が必要です。
 
新チェック.jpg
 
なごやしずえ理容室での脂漏性皮膚炎ケアは、様々な常在菌が原因になっているケースに対しても様々な方向性からの持続可能なナチュラルなアプローチをしております《200倍拡大毛根チェック》で、その部分を拡大して見て改善につなげております。

S&A&竹炭&オイル.jpg

人は生きている限り新陳代謝しています。安全性高く、持続可能なナチュラル・ケアを続けることが大切ではないでしょうか?
 
shouhyou_1.jpg
 
 
 

'16 秋の頭皮トラブル予想NO.1は?

'16 秋 の頭皮トラブルの予想 NO.1は「脂漏性皮膚炎」です。
 
その理由は、今年の夏は蒸し暑さが続いたことによります。
海面温度の上昇で、日本列島の近くで、多くの被害をもたらした多数の台風も発生して、蒸し暑さが続きました。
 
 ー意外と知らない気象と頭皮との関係ー
 
湿度が高いと熱中症が増えると気象予報でいう様に、汗をかいても発散、蒸散されにくく、汗が頭皮上に残り続けると、マラセチアなどの菌が繁殖しやすくなります。頭部は毛穴が多く、皮脂の分泌も盛んであるため、菌の繁殖には好環境です。

 
20160910175500-2f0ed2e6827d3cb2903f06e29ddbeadf57348b98.gif


そして、汗はかいた直後は弱酸性なのですが、時間が経つごとにアルカリ性に変化していき、様々な菌が繁殖しやすい環境に変化していきます
これから秋の風が吹き始めると地肌にカサブタ状のフケがビッシリと、という方が増えることと予想されます。
 
また、熱中症に代表される様に蒸し暑さは体力も必要以上に消耗します。体力が落ちると、抵抗力が
低下して体の防御に働く免疫力も落ちて来ます。それは菌に対する肌の抵抗力でも同様になってきます
 
 ー肌機能と洗浄剤の科学な関係ー
 
肌の美醜は人の印象を大きく左右しますが、その本当の役割は、生命体を維持するため、外界からの異物侵入を阻止する事=『バリア』にあります。 だから、風呂に入っても、プールに入っても、水や、その消毒剤が体内に入る事はないのです。
もし皮膚がなかったら、血管・リンパ管が外界にむき出しとなり、細菌・雑菌、異物がソレ等に乗って、体中をかけめぐり、即、生命に関わってしまいます。皮膚は、あの世とこの世を分け隔てる大事な境界・阻止膜なのです。
 
 次に『体温を保つ』機能です。汗をかきます。汗の働きは体温調節をすることです
上手に体温調節ができなければ、生命にも関わります。上手に汗をかくこと、かけることは生命体を守る意味からも、肌の健康面からも大変重要なのです。
 
★春から順次、展開している様に、『分泌作用(皮脂と汗)』汗をかける肌作り、かきやすい肌作りには、洗浄剤の選択が重要です。
参照⇒ 例・春/花粉症時季  例・初夏  例・梅雨時季
 
肌の上に、目には見えないためにわかりずらい、+イオンに帯電した化学的な物質を残留させない、つまり、洗浄の科学=皮脂汚れをーイオンに吸着させ、引き離す~という、自然の理にかなったシャンプーで、地肌も顔・肌も毛穴をクリアにし、健やかな肌作りが大切なのです。

ph.gif
 
 
『200倍拡大毛根チェック』で、その部分を拡大して見ると、原因も明らかとなり、より改善のお手伝いが進んでいきます。
 
★ー人は生きている限り、新陳代謝しています。安全性高く、持続可能なナチュラル・ケアを続けることが大切ですー★
 
 
そして皮膚は『感覚器(熱・冷、硬・柔など)』としての機能、働きも重要です。この様に肌の健康はあらゆる観点から生命に関わってくるのです。

1

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年10月 »

このページのトップへ