HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 2017年2月

頭皮のコラム 2017年2月

春一番 to 花粉症 "生きている" 頭皮 を最優先に

20170219172547-3e86c0589edf555785d1ef538400f7397c8d35fb.jpg

2月17日金曜日、春一番が吹きました。【なごやしずえ理容室】のスタッフが昼食を買いに出かけ、「土ぼこりで黄色い!」と帰ってきまし

た。そして「目がゴロゴロする」「鼻がつまって」と、お客様と「始まった・始まった」と、話していました。

そんな時の頭皮を200倍に拡大すると、点々と、黒い埃が見て取れます。

AUT_0029.jpg

花粉自体は黄色っぽいので、頭皮の色に紛れこんでしまいますが、間違いなく付着しているのです。

花粉は家の中に取り込まないのがベスト。洗濯モノを部屋干しする様に、頭皮・毛根をクリアに洗う【SNシャンプー】でサっと洗い流しましょう。

汚れは(+)酸性側に位置します。だからアルカリ性の洗剤で、衣類も食器もフライパンも洗うのです食器洗い洗剤で手が荒れる、と言い

つつ、同じラウリル硫酸系の洗浄材(家庭用品とシャンプーでは表記が違う)で髪と頭皮を洗う。

ph.gif

また、アミノ酸系シャンプーのアミノ酸は、人間の身体にある成分・タウリン以外のアミノ酸は、人間の身体に同じ成分があるため、肌と親和

性が高く、すすいでも肌に残留しやすく、頭皮トラブルの要因になるのです。

シャンプー剤の一番の目的は頭皮の汚れ=『酸化した皮脂・古い角質』などのアブラやタンパク質の汚れ、養・育毛に不都合な角栓様物質、フ

ケの元などを適切に洗うことです
しかし、油分や添加物の配合が多いシャンプーを使えば、シャンプーしながら、その上にまたアブラや化学

成分を塗る?、矛盾していませんか?。
また(+)に帯電した吸着力の強い成分が様々な添加物と一緒に吸着するため、シャンプー後にすすい

でも洗い流す事も不可能に近いのです。

 


★髪は死滅細胞の塊です。だから切っても痛くありません。頭皮を切ったら痛いですよネ!。そしてシャンプーも生きている頭皮を最優先に考えましょう。

※台所用洗剤と同じ原料(ラウリル硫酸系)を使用しているため、毛髪がガサガサになるのを防いだり、指通りを良くしたり、仕上がりをソフ
トにするための 添加剤、これらは、リンスと同じ弱酸性なので、毛根に残留・吸着し、生きている毛根を生きずらくするのです
 
  o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。
 
 花粉症いついてはスマホのアプリもご参照の上、どうぞお気軽にお問合せ・ご相談をお寄せください

ヽ(^。^)ノ  ■アプリ名:なごやしずえ理容室 ■ ヽ(^。^)ノ
 
 ■App Store <https://itunes.apple.com/jp/app/id966835242 
 
 ■Google Play <https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac4200178001 
 
   <(_ _)>    <(_ _)>    <(_ _)>  

1

« 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | 2017年3月 »

このページのトップへ