HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 2017年6月

頭皮のコラム 2017年6月

梅雨、うねる くせ毛 をナチュラル・ヘナでサラサラ髪 &スカルプケア

梅雨時の湿気で、くせ毛が大きくうねり重なり、爆発状態。鬱陶しさからイライラもマックスの状態で、

〇〇様には、5年くらい前にストレートパーマをオーダーいただいたのですが、自然志向の方でいらっしゃるのと、

スカルプケアができることから【なごやしずえ理容室】ではナチュラル・ヘナをご提案しました。
 

梅雨、うねる くせ毛 をナチュラル・ヘナでサラサラ髪 &スカルプケアの続きを読む

高齢者の脂漏性皮膚炎

高齢者の脂漏性皮膚炎~目黒区駒場の白寿荘で訪問調髪で~
 
理容組合目黒支部では40年以上に渡って社会福祉法人愛隣会・養護老人ホーム白寿荘へ、毎月初め、訪問調髪に伺っています。
【なごやしずえ理容室】自身も、そしてスタッフも、入所者の方にカットモデルになっていただき、理容キャリアをスタートしました。
 
こういう施設では週2回の入浴が法律で定めらています。
 
2017年6月1日午前、〇〇さんは、スリ足ではありましたが杖も使わずにシッカリと歩いて、3階の調髪会場にお越しになりました。
カットする前に水を霧吹きしながら髪にクシを入れ、ご希望の長さを伺いました。
ネットリとした大き目のフケがクシにこびり付いてきました。頭皮も赤くなっています。しかし掻き傷はありません。
痒くはないのですか?、と伺うと、曖昧なお返事でした。
 
【なごやしずえ理容室】は、ホームの職員の方に、「脂漏性皮膚炎の感じです。今年の梅雨は早くから蒸し暑いので、ひどくならない内に適切なシャンプーで小まめに洗髪して対策しないと、夜間、痒くて良く休めなくなったりして、そして、皮膚科でステロイドの処方ともなると、抵抗力の弱って来ている高齢者は、高齢者特有の長びくやっかいな副作用も出て、ご当人も、お世話をなさる職員の方もタイヘンになりますヨ」と、差し出がましいとは思いつつ、お伝えしました。
 
調髪会場でお世話をされていた女性の職員さん、「男性の係の方へ伝えます」と大変前向きで、良心的でいらっしゃり、ホッとします。
基本的な生活習慣で予防できたり、軽減できる皮膚トラブルは多数あります。
 
高齢者は、ちょっとしたことで、入浴が面倒でおっくうになったりもして、招かざるトラブルに見舞れます。
肌の抵抗力も弱って来ている高齢者。周囲の少しの配慮で健やかに過ごせます。
ますます高齢社会になっていく日本で、限られたマンパワー、ひいては医療費削減に【なごやしずえ理容室】も微力ながらお手伝いです。
 
~【SNシャンプー】通販ご利用者様のお声から~
80歳代の父が介護施設でのディサ-ビスで入浴・洗髪をして、大きなカサブタ状のフケが出て、本人は大変にかゆがり、イライラし、ふと、息子と同じ脂漏性皮膚炎では?と、電話注文をしました。
 
⇒【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】から
高齢者は肌の抵抗力も、免疫力も、そして肌の機能自体もも弱まっています。まして、介護状態だと、洗髪機会が少なくて、上記の様な肌トラブルが多く見られます。
シャンプー剤の見直しで、要・介護者も快適になり、介護の手間も時間も、医療費も少なくなると思うのですが・・・行政や介護関係者他の再考を促したい、思いでおります。 

17年ケア理容師.JPG
 
★月1回の訪問理容が終了すると、入所者の方も手伝って後かたずけ。石けんを溶いたカップに、髭ブラシをキレイに洗い、陽に干して清潔に保ちます。
170605_1hakuzyu.jpg

★バリカンはよく毛を払って錆びない様にして刃こぼれしない様にして、しまいます。
170605_hakuzyu.jpg

1

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年10月 »

このページのトップへ