HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 季節に合わせた頭皮ケア

頭皮のコラム 季節に合わせた頭皮ケア

脂漏性皮膚炎で、たえがたい痒みにお困りではありませんか?

梅雨入りが報じられてまもなく、「脂漏性皮膚炎に悩む頭皮にやさしいノンジアミンなヘアカラー」様に電話でご予約をいただきました。
 
「悪化してしまったのですか?」 「梅雨に入ったので」
 
_____o○o o_____o○o o_____o○o o_____
 
高温多湿の梅雨は、微生物によるトラブルが最も多い季節です。 
 
エッセンシャルオイルには様々な香りの成分が含まれていて芳香浴も良いのですが、微生物に対しては抗菌活性があります。
さすが、アロマセラピストの資格をおもちでいらっしゃいます。

e_oil_s.gif
 
脂漏性皮膚炎は様々な常在微生物によって悪化を招きやすいのです。脂漏性皮膚炎の方も注意が必要ですネ。その中のマラセチア菌はカビの真菌の一つです。
 
20180621164518-d365ed368a130a234ded18230701bba5b07a33f7.jpg
 
ホームケアで【SN竹炭クレイ】with 【SNエッセンシャルオイル】のスカルプパックをしていても頭部全体をくまなく中々ケアしきれない。。。
 
頭皮は目の上にあり、後頭部は手さぐり状態で、急いでいると髪の毛についてしまいがちとなって、中々むずかしい。。。
 
そのためにご来店ケアをご選択いただきました。
そして次回は夏に向けて明るめにカラーリングされたいとのご相談をいただきました。
s_natural_b1.jpg
 
くせ毛もおありのため、【SNナチュラルブラウンヘナ】もご紹介したのですが、【SNシャンプー】と相性の良い
キュプアスカラーバターで、ということでした。

websyannpu-.jpg
 
「もう他のシャンプーでは洗えない。頭皮にナニかがついている感じがする」と、おっしゃってました。
そして、天然カンフルを使ったリグラクールをお持ち帰りでした。

20180621164802-951b88199a5c4819ceb87250ff08e6c7e7eb446f.png
 
_____o○o o_____o○o o_____o○o o_____ 
 
自身が肌の弱い【なごやしずえ理容室】は、すすぎの泡切れの良さにもこだわりました。主成分のカリウム石けんは、普通の固形石けん(ナトリウム石けん)に比べて、 「分子が大きい」という特性があります。皮膚の汚れをしっかりと落としたら、さっとすすぐだけで簡単に流れ落ち、長々すすいでもヌルつきが残る肌リスクがありません。これも、髪と地肌に「本当に安全・安心」といえる特長の一つです。 
 
 (^。^)y-.。o○  エジプトのピラミッドの壁画に壺に入って『薬』として描かれた、人類のロングセラーアイテム、カリ石けんをベースに皮膚と髪の生理に逆らわず、優しく働きかける自社製品の機能性石けん系シャンプー「SNシャンプー」と「SNリンス」で、でうっとうしい梅雨空を健やかに乗り切りましょう。 ご購入は⇒コチラ です
 
 

脂漏性皮膚炎のスカルプパックの間に+お顔のお悩みもWケア

 春です! 冬の間どうにか落ち着いていた頭皮の脂漏性皮膚炎が復活する様に、痒くて痒くてガマンしがたくなっていませんか?
 
チェック・ページを作成しましたので、トライしていただき、早めのケアで健やかにお過ごしいただきます様。
 
 
★そのスカルプケアの作用時間にお顔のケア(酒さ様皮膚炎や、大人ニキビのケア、お顔剃りに、鼻の毛穴対策に、乾燥、
エイジングケア(シワ・たるみ、シミ)はいかがですか?

p-majikiri.jpg


20180419165858-0c4cd983c7f4a03f00bdf12294b09cd56254abd1.jpg
 
  ご参考になさっていただき、頭皮もお顔も健やかにお過ごしいただくお手伝いを【なごやしずえ理容室】では申し上げております。
 
 ■ご相談・ご予約  03-3711-0913
 
東京都目黒区祐天寺2-8-3
 
東急東横線祐天寺駅から徒歩3分
営業時間AM9:30~PM7:30
 

春です!脂漏性皮膚炎が痒くて痒くて不快ではありませんか?

春3月です! 暖かさから冬の間どうにか落ち着いていた脂漏性皮膚炎がムクムクと頭をもち上げて来て痒くて痒くて不快ではありませんか?
 
チェック・ページを作成しましたので、トライしていただき、早めのケアで健やかにお過ごしいただきたいとご案内いたします。
 
 
脂漏性皮膚炎のチェックリストはこちら
 
 
 
 
 
花粉症の方は、以下ページもどうぞ!
 
 
 
ご参考になさっていただき、健やかにお過ごしいただくお手伝いを【なごやしずえ理容室】では申し上げております。

20180317171027-aa646404db69d6a43170f3e95eae00d1462625bb.jpg



 ■ご相談・ご予約  03-3711-0913
 
東京都目黒区祐天寺2-8-3
 
東急東横線祐天寺駅から徒歩3分
営業時間AM9:30~PM7:30

花粉の時季は頭皮もガマンしがたい痒みに悩んでいませんか?

花粉の時季は、「目」だけでなく、頭皮もガマンしがたいほどに痒くなりませんか?
年度末と重なって、イライラと、メンタル面でもつらいですネ
花粉は、外気にされされている頭部には無防備のままに多く付着するからでしょうか?。
防御には帽子が良いのでしょうが、仕事の性質上かぶれない方も多いことでしょう。

o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。
 

そのために「洗う」=「洗浄」も重要です。花粉を洗い流しましょう。それは頭皮も顔肌も同様です。
家に帰ってきたらそのまま浴室に直行して花粉を洗い流すくらいのスタンスでいないと、NGとなるのではないでしょうか?。 

仕事で緊張している時は交感神経優位で痒みもさほど大きく感じないものの、帰宅してホッと息をついて、"on"からスイッチ"off"となると、解き放たれて、意識せずともガマンしていた痒さが猛然と沸き起こり、ガリガリと掻いてしまう。。。

●冬だからやや沈静しているだけの、治りきってない脂漏性皮膚炎のある方はなおさらでしょう。

AUT_0037.jpg

頭皮は目の上で、髪の毛もあってよく見えないですよネ。
掻いてしまうと、頭皮が傷ついて、眼には見えない"不目傷(ふけんしょう)"にもなり、その傷から雑菌も入りこみやすく、掻いたことによる2次被害も起きてしまうのです。
 

脂症の方でも冬季の乾燥は、エアコン暖房も加わって、肌だけでなく、頭皮のバリア機能も低下しているでしょう。【なごやしずえ理容室】でオススメの対応ケアはまずはシャンプーをし、花粉を洗い流しましょう。

 

N-barber-nagoya_030.jpg



3月は風の強い日が多くあります。その様な時に200倍拡大ヘアチェックをすると点々と黒くゴミ?、ホコリが見られるのですヨ。

が、それは肉眼では残念ながら見ることできません。「今日は風が強かったからネ、、、」という予想を超えるケースもあるのです。

20180301170956-32a4aea6a37620c374674e7381dca1ff03bb73eb.jpg

 

■洗い過ぎ?

 

頭皮では養・育毛の観点から洗い過ぎが問題になります。【なごやしずえ理容室】では「洗うモノ」と、「洗い方」にこそ、問題があると考えています。泡切れが良いため頭皮や髪への負担の少ない【SNシャンプー】と、カチオンフリーなカチオン界面活性剤不使用の【SNリンス】で
安全性高く洗いましょう。(通販もどうぞご利用ください。)

20180301173558-17044c6eb25695442fa790d89a5ef6f76798ec6e.jpg

芽吹く春 to 脂漏性皮膚炎」や、「春一番 to 花粉症"生きている"頭皮を最優先に」ページもご確認ください。

pole_anime.gif
 

★★理容室は生活衛生業で、厚生労働省管轄下の公衆衛生業です。「シャンプーのセールス」だけで活動しているのではないのです。
厚生労働省のホームページにも以下が記載されています。

「衛生水準の維持向上等を図ることにより国民生活の安定に寄与することを目的として、生衛法により営業者の自主的活動の促進、経営 の健全化の指導など各種の行政施策を講じています。」

商品サイトにはない理容師ならではの目線で進めております。

o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。

シャンプーを済ませたら、タオルで水分を良くふき取り、掻いてしまったことによる見えない傷対策に天然カンフルが成分の抗菌性のあるリグラクールでトニックの様に使い、頭皮ケアをしましょう。スーッとした爽快感で、気分も落ちつき、やわらぎます!

20180301170609-1a655ab44433a9ab66bee7fedc8f66eefc316fe0.png

そして、ドライヤーで頭皮を乾燥させて、念には念を入れて、湿らせておかないで、雑菌の繁殖を防いでおきましょう。
【なごやしずえ理容室】では機能性ドライヤーを使用して、抗菌対策に念をいれております。

barber-nagoya_100.jpg


★花粉症の根本的なケアは免疫力のUP、体質改善でしょう。
【なごやしずえ理容室】では、大高酵素のスーパーオオタカをご紹介して、喜びのお声をいただいております。


20180302191150-e1e7dc4f97971446d6070cf15a56f0303da1113d.png

【ケア&エステ なごやしずえ理容室】のアプリへ、どうぞ(^^♪
 


梅雨、うねる くせ毛 をナチュラル・ヘナでサラサラ髪 &スカルプケア

梅雨時の湿気で、くせ毛が大きくうねり重なり、爆発状態。鬱陶しさからイライラもマックスの状態で、

〇〇様には、5年くらい前にストレートパーマをオーダーいただいたのですが、自然志向の方でいらっしゃるのと、

スカルプケアができることから【なごやしずえ理容室】ではナチュラル・ヘナをご提案しました。
 

梅雨、うねる くせ毛 をナチュラル・ヘナでサラサラ髪 &スカルプケアの続きを読む

芽吹く春 to 脂漏性皮膚炎

急に春めいて、気温が上昇し、桜の便りで賑わってくる頃になると、これまで落ち着いて治ったかと思っていた『脂漏性皮膚炎』がムクムと、

その存在を際立たせ始めます。
 
頭部は毛穴が多く、したがって皮脂腺もたくさんあります。それが気温の上昇で皮脂の分泌量が盛んになり、加えて、花粉の刺激を受け続け

て敏感さを増している頭皮は、痒みが増し、眠っている間に知らず知らずに掻いてしまったりして、目には見えないほどの掻き傷にも雑菌が入

り込み、炎症を増し、頭皮トラブルへと発展するのです。
 
hishi.gif
 
(^_^)v 対策は、不適切なシャンプーやリンス、洗顔料を止め、人類のロングセラーであるカリ石けんに、弱酸性で死滅細胞塊である、

スタイリングする毛髪へも配慮もした【SNシャンプー】で残留皮脂を安全性高く洗い、殺菌・除菌をし、そして地肌に風を通しましょう。
 
また重症化しているケースでは、スカルプケアも取り入れ、積極的に痒みと炎症をしずめましょう。
 
不適切なシャンプーやリンスとは、台所用洗剤と同じ原料(ラウリル硫酸系)を使用していて、毛髪がガサガサになるのを防いだり、指通り

を良くしたり、仕上がりをソフトにするための 添加剤、これらは、リンスと同じ弱酸性なので、毛根に残留・吸着します。
 
髪によいと思われているアミノ酸系のシャンプーも、アミノ酸を多く含んだ人体との親和性が高く、シャンプーが他の香料などの成分とともに

頭皮に残留するのです。(>_<)
 
 o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。
 
かゆい『脂漏性皮膚炎』にもレベル・ステージがあって軽度なタイプから永年に渡って重症化したケース、ステロイドを使用して悪化したケー
スなど様々です。
 
20170311183806-56094c8a00dffaef7ad6bf49ce30425613966163.jpg

頭部には、脂の好きなでんぷう菌(別名マラセチア)が異常繁殖しやすく、この菌による脂の分解で皮膚を刺激する成分が発生し、レベ

ル・ステージが上がりやすくなるため、早め・早めの対策が重要です。
 
※でんぷう菌(別名マラセチアは人の皮膚に存在するカビの一種。通常は無害です。
 
【なごやしずえ理容室】のケアは、まずは【SNシャンプーリンス】による洗髪。
 
痒みや赤味があるケースでは洗髪後、天然カンフル(樟脳オイル)使用の薬用ローション≪リグラクール≫や、真菌に働くエビデンスの出ている

発酵ローション≫で殺菌、除菌しましょう。
 
重症化したケースでは【SN竹炭クレイ】with【SNエッセンシャルオイル】によるスカルプケアで皮脂や菌などを吸着除去し、

SNシャンプーリンス】で洗髪でスッキリしましょう。
 
 
 o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。
 
花粉症皮膚炎にも人類のロングセラー石けんで、安全性高く花粉と、汚れを取り去り、そして保湿してバリア機能を高めて対策しましょう。

春一番 to 花粉症 "生きている" 頭皮 を最優先に

20170219172547-3e86c0589edf555785d1ef538400f7397c8d35fb.jpg

2月17日金曜日、春一番が吹きました。【なごやしずえ理容室】のスタッフが昼食を買いに出かけ、「土ぼこりで黄色い!」と帰ってきまし

た。そして「目がゴロゴロする」「鼻がつまって」と、お客様と「始まった・始まった」と、話していました。

そんな時の頭皮を200倍に拡大すると、点々と、黒い埃が見て取れます。

AUT_0029.jpg

花粉自体は黄色っぽいので、頭皮の色に紛れこんでしまいますが、間違いなく付着しているのです。

花粉は家の中に取り込まないのがベスト。洗濯モノを部屋干しする様に、頭皮・毛根をクリアに洗う【SNシャンプー】でサっと洗い流しましょう。

汚れは(+)酸性側に位置します。だからアルカリ性の洗剤で、衣類も食器もフライパンも洗うのです食器洗い洗剤で手が荒れる、と言い

つつ、同じラウリル硫酸系の洗浄材(家庭用品とシャンプーでは表記が違う)で髪と頭皮を洗う。

ph.gif

また、アミノ酸系シャンプーのアミノ酸は、人間の身体にある成分・タウリン以外のアミノ酸は、人間の身体に同じ成分があるため、肌と親和

性が高く、すすいでも肌に残留しやすく、頭皮トラブルの要因になるのです。

シャンプー剤の一番の目的は頭皮の汚れ=『酸化した皮脂・古い角質』などのアブラやタンパク質の汚れ、養・育毛に不都合な角栓様物質、フ

ケの元などを適切に洗うことです
しかし、油分や添加物の配合が多いシャンプーを使えば、シャンプーしながら、その上にまたアブラや化学

成分を塗る?、矛盾していませんか?。
また(+)に帯電した吸着力の強い成分が様々な添加物と一緒に吸着するため、シャンプー後にすすい

でも洗い流す事も不可能に近いのです。

 


★髪は死滅細胞の塊です。だから切っても痛くありません。頭皮を切ったら痛いですよネ!。そしてシャンプーも生きている頭皮を最優先に考えましょう。

※台所用洗剤と同じ原料(ラウリル硫酸系)を使用しているため、毛髪がガサガサになるのを防いだり、指通りを良くしたり、仕上がりをソフ
トにするための 添加剤、これらは、リンスと同じ弱酸性なので、毛根に残留・吸着し、生きている毛根を生きずらくするのです
 
  o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。
 
 花粉症いついてはスマホのアプリもご参照の上、どうぞお気軽にお問合せ・ご相談をお寄せください

ヽ(^。^)ノ  ■アプリ名:なごやしずえ理容室 ■ ヽ(^。^)ノ
 
 ■App Store <https://itunes.apple.com/jp/app/id966835242 
 
 ■Google Play <https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac4200178001 
 
   <(_ _)>    <(_ _)>    <(_ _)>  

冬の頭皮ケア フケについて

冬はフケのお悩みを多くうかがいます。原因は乾燥であってもフケの実体は様々です。そしてフケは抜け毛を助長します。ではその実態は?
 
※-1)市販のシャンプーの添加物が乾燥で剥がれ落ちたケース

※-2) 弱酸性シャンプーやアミノ酸のシャンプーで頭皮・毛穴の皮脂を良く洗えなくてフケなっているケース
 
※-3) ストレスであったり
 
※-4) 食生活であったり、それらが重なってであったりします。
 
※ー1)市販のシャンプーの中の髪をサラサラにしたり、ツルツルにしてりする添加物は、毛髪だけでなく、同じモノで洗っている以上、

頭皮にもつきますね。それが乾燥して剥がれ落ちる場合もあるのです。

※ー2)頭皮・毛穴の皮脂汚れも他の汚れと同じで、酸性・側ではなく、アルカリ性・側によりキレイに洗える、洗浄の科学な真実
 
※ー3)ストレスを受けると、自立神経の交感神経が刺激されます。自律神経は交感神経と副交感神経とで成立っていて、そのバランスが

くずれ、アドレナリンの分泌過多から皮脂分泌が盛んとなります。それを不適切なアミノ酸系の弱酸性シャンプーや、強い洗浄成分を多くの

添加物でマイルドさを装ったシャンプーでの洗髪では、その残留した皮脂や汚れが培養地となって、常在菌の繁殖を招いて、フケが生じる。
 
※-4)「食生活の乱れからくる」場合は栄養バランスです。皮膚の角化異常にビタミンAが関係しています。しかしビタミンAだけを摂れば良

いのではなく、バランスが大切です。「毛髪ミネラルチェック」で正確にチェックをしてみる方法もあります。
 
 
いずれの場合も200倍に拡大してチェックしつつ、ライフスタイルをうかがってお一人・おひとりの改善策を探っていきましょう。
 
その他にカラー液やパーマ液からくる「刺激」などの外的要因もあります。 
 

20170129164734-d0a9f769c3dcb68ecc76c1a81e2c569e7938bf08.jpg

'16 秋の頭皮トラブル予想NO.1は?

'16 秋 の頭皮トラブルの予想 NO.1は「脂漏性皮膚炎」です。
 
その理由は、今年の夏は蒸し暑さが続いたことによります。
海面温度の上昇で、日本列島の近くで、多くの被害をもたらした多数の台風も発生して、蒸し暑さが続きました。
 
 ー意外と知らない気象と頭皮との関係ー
 
湿度が高いと熱中症が増えると気象予報でいう様に、汗をかいても発散、蒸散されにくく、汗が頭皮上に残り続けると、マラセチアなどの菌が繁殖しやすくなります。頭部は毛穴が多く、皮脂の分泌も盛んであるため、菌の繁殖には好環境です。

 
20160910175500-2f0ed2e6827d3cb2903f06e29ddbeadf57348b98.gif


そして、汗はかいた直後は弱酸性なのですが、時間が経つごとにアルカリ性に変化していき、様々な菌が繁殖しやすい環境に変化していきます
これから秋の風が吹き始めると地肌にカサブタ状のフケがビッシリと、という方が増えることと予想されます。
 
また、熱中症に代表される様に蒸し暑さは体力も必要以上に消耗します。体力が落ちると、抵抗力が
低下して体の防御に働く免疫力も落ちて来ます。それは菌に対する肌の抵抗力でも同様になってきます
 
 ー肌機能と洗浄剤の科学な関係ー
 
肌の美醜は人の印象を大きく左右しますが、その本当の役割は、生命体を維持するため、外界からの異物侵入を阻止する事=『バリア』にあります。 だから、風呂に入っても、プールに入っても、水や、その消毒剤が体内に入る事はないのです。
もし皮膚がなかったら、血管・リンパ管が外界にむき出しとなり、細菌・雑菌、異物がソレ等に乗って、体中をかけめぐり、即、生命に関わってしまいます。皮膚は、あの世とこの世を分け隔てる大事な境界・阻止膜なのです。
 
 次に『体温を保つ』機能です。汗をかきます。汗の働きは体温調節をすることです
上手に体温調節ができなければ、生命にも関わります。上手に汗をかくこと、かけることは生命体を守る意味からも、肌の健康面からも大変重要なのです。
 
★春から順次、展開している様に、『分泌作用(皮脂と汗)』汗をかける肌作り、かきやすい肌作りには、洗浄剤の選択が重要です。
参照⇒ 例・春/花粉症時季  例・初夏  例・梅雨時季
 
肌の上に、目には見えないためにわかりずらい、+イオンに帯電した化学的な物質を残留させない、つまり、洗浄の科学=皮脂汚れをーイオンに吸着させ、引き離す~という、自然の理にかなったシャンプーで、地肌も顔・肌も毛穴をクリアにし、健やかな肌作りが大切なのです。

ph.gif
 
 
『200倍拡大毛根チェック』で、その部分を拡大して見ると、原因も明らかとなり、より改善のお手伝いが進んでいきます。
 
★ー人は生きている限り、新陳代謝しています。安全性高く、持続可能なナチュラル・ケアを続けることが大切ですー★
 
 
そして皮膚は『感覚器(熱・冷、硬・柔など)』としての機能、働きも重要です。この様に肌の健康はあらゆる観点から生命に関わってくるのです。

紫外線 頭皮 毛根 髪 ヘアカラー ~夏休み~

◆紫外線は髪の根元に大敵です!◆
 
プール、海、川遊び、虫取り、魚釣り、無防備に家族サービスに精を出していると、毛根には強いダメージになります。
 
毛根は刻々と細胞分裂をし、皮脂も代謝して生きています。
い紫外線を数時間にわたって浴びると、毛根を酸化させ、細く、弱っていってしまうのです
肌でも紫外線を無防備に浴びていると活性酸素が発生して肌にシミやシワという老化を招く様に、毛根にも強いダメージになるなのです。
 
★数か月にわたって育毛ケアに励んでいても、夏休みの数日、数時間の楽しさで一気に逆戻りしてしまうのです。(>_<) 
持ち主は夏休み・リゾート気分でも毛根に髪は、普通に生き続けてるのです。
日焼けは軽い火傷でおあります。帽子をかぶって防御したり、積極的な沈静のケアで対策をしましょう。
 
◆紫外線はぬれた髪にも大敵です!◆
 
帰省、キャンプ、海、プール、
夏はすぐ乾くからとシャンプー後、自然乾燥で、緑の風や潮風が気持イイと油断していると、キューティクルにダメージになります。
 
特にぬれた髪で紫外線を浴びると、最悪です。それもヘアカラーをしていたら致命的です
紫外線で肌に活性酸素が発生してシミやシワを作る様に髪にも大きなダメージとなるのです。
髪は肌の変化したものです。

また、Oー157など腸管出血性大腸菌への対策から、多くのプールでは消毒の塩素濃度を上げています。その塩素は脱色作用があるため、
それに紫外線が加わると、髪にはさらに大きなダメージになります。
 
★毛根は刻々と細胞分裂し、皮脂も代謝します。が、髪は新陳代謝していません。
髪は爪と同じで根元から伸びていますネ。だからカットしても痛くないのです。
ヘアカラーをしている髪では修復困難なくらいのダメージとなるのです。
 
そして自然乾燥は頭皮にも良くありません。濡れたままでいると、洗った直後から新陳代謝された皮脂に常在菌が繁殖しやすく、
臭いの源になってしまいます
またそれがたび重なると、炎症しやすい頭皮になるのです。

20160806192757-fab0c303d69f705ff5d37f7a90f60dfdd786ef1c.jpg
 
◆ヘアカラーで髪が傷むわけ◆
ヘアカラーの2剤の過酸化水素は1剤のアルカリ剤にであうと、《酸化力》が強まり、その力でメラニンを分解=酸化脱色をして、求める色味を発色させるのです。
この酸化脱色の時、ついでに毛の中のシスチンという重要なタンパク質の分子も酸化切断をしてしまいます。
結果、システィン酸という物質になり、髪の強度が落ちて傷み『細毛』『腰のなさ』が加速するのです。
1剤の『アルカリ性』では弱酸性のアミノ酸から成るキュティクルも損傷し、ツヤも手触りも悪くなっていくのです。
 
 
 

12

« 頭皮 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ