HOME > 頭皮ケアを体感したお客様の声 > 女性 > 白髪染め で かゆみ と 頭皮の赤い炎症

頭皮ケアを体感したお客様の声

< 敏感肌の長引き悪化しやすい 脂漏性皮膚炎 to におい  |  一覧へ戻る  |  弱い肌 でも 自然な感じ に 白髪染め  >

白髪染め で かゆみ と 頭皮の赤い炎症


「先代のBARBER ニューナゴヤ時代からパーマをかけて四半世紀以上か? 【SNシャンプー】も使い続けて20年かナ?
ヘルメットをかぶらなければならない現場に居て、トップの毛が細って来ても米発酵パーマでボリュームが出て、パーマを続けて来て、最近では2液に毛髪の太さと強度を回復するアミノ酸を配合して60歳を超えてもまだまだ十分にパーマをかけてラクにスタイリングを決められている。
 
そんな折、家内がヘアカラーで頭皮に赤味と、かゆみが出て、以前から家内はこの店のブログを見ていたので、今は近所の美容室でヘアマニキュアにしているのだけれど、汗の季節には落ちやすいので、オーガニックなカラーを進められた。
 
家内がここのサイトをじっくり見て、かゆみと赤味の出ないヘアカラーについて、そしてオーガニック・カラーというのは良いのか?
また、巷でみる香草カラーについても聞いてきて、と言うんだよネ、、、」
 
⇒『SNシャンプー/なごやしずえ理容室』から
永年のご愛顧誠にありがとうございます!
お問い合わせについてですが、そのカラー剤の何がオーガニックなのでしょうか? また、香草で髪を染めるのでしょうか?
ヘアカラーの原理は、オーガニックな植物成分を良さそうな『魔法の成分』として入れ様が一般的に化学成分ジアミンにによるのであって
ちゃんとパッチテストをしてからの方が良いですヨ。そして、できたら成分表を見せてもらった方が良いですヨ。
そうして、それらの成分が解ったら一緒に内容をチェックしてみましょうか?。

なごやしずえ理容室のヘアカラーはジアミンを抜いた《ノンジアミンハーブカラー》やヘナ、そしてジアミンを低刺激に加工した染毛剤を用いております。また、色味の関係でどうしてもジアミン入りを使う場合は、頭皮を、和漢植物エキス配合のカラー用の頭皮保護ローションを用いて施術を致します。黒系の色味はジアミン配合でないと出色せず、またジアミンは多彩な色味を創りあげるケミカル成分です。が、

<ジアミン>とは、ケミカル・ヘアカラー剤の核として染料に含まれるPPDA(パラフェニレンジアミン)のことです。
これを使う事によって、少量の色素で濃く発色する事ができ、また様々な色調を簡単に作ることが可能です。
ジアミンは劇薬ではあるものの、それを抜きにヘアカラー剤を作ることはむずかしい事でした。
そして<ジアミン>はそれ自体がアレルギー反応を引き起こす原因になるだけではなく、酸化剤(2剤のオキシ)と混ぜた時にできる中間物質にも有害性があります。
フィンランドでは1991年に一般向け使用が禁止され、現在、多くの国ではジアミンの中の一部使用禁止を伝えています。また、発ガン性物質であるとも言われています。

< 敏感肌の長引き悪化しやすい 脂漏性皮膚炎 to におい  |  一覧へ戻る  |  弱い肌 でも 自然な感じ に 白髪染め  >

カテゴリ:

このページのトップへ