HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 季節に合わせた頭皮ケア: 2020年1月

頭皮のコラム 季節に合わせた頭皮ケア: 2020年1月

冬季の頭皮もシャンプーと適切な養・育毛ケア(手当)を持続

■冬季の頭皮もシャンプーが重要■

シャンプー回数が減る傾向になりがちなのが冬です。
冬季の脂性の頭皮で大切なのは、やはりシャンプーです。
 
 
しかし、ここ数年、200倍拡大チェクをしていて頭皮表面の乾燥も気になるケースが増えています。
現代社会で主流のエアコン暖房の影響が大きいのでしょうか?
都市化による街の乾燥もジワリと影響して来ているでしょうか?

そこで、200倍拡大チェックで確認して最適な頭皮保護剤をご紹介もしております。
 
 o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。 o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。
 
なごやしずえ理容室では、その様な乾燥の季節に2019年初冬に、新たにシャンプートリートメントが新登場です。
 
パーマやカラーなどの薬液加工を重ねた髪や、細毛の、主に女性向けのシャンプー&トリートメントです。
 
★新陳代謝し、生きている頭皮・毛根~髪の製造工場は頭皮のすぐ下にあります。その生きている頭皮を第一に、養・育毛を考え、
そしてスタイリング上たいせつな毛髪のケアも考えました。 

乾燥でパサパサになりやすいパーマ&カラー髪にもオススメです。

■冬期は静電気にも気をつけて■
 
昔々、小学生の頃、下敷きをこすって髪の毛を立たせた想い出はありませんか?。
 
ブラシ類を選びましょう。お勧めは、HP上のステンレスのクッションブラシです。
獣毛のブラシはそれ自身を清潔に洗えないので要注意と考えます。
ブラシ類に付着した雑菌類が、フケの原因ともなるからです。
 
静電気の発生しやすさは建材や、靴にも要因があります。
軽くて施工しやすい、見た目もキレイな建材は、静電気を起こしやすいのです。
 
なごやしずえ理容室の壁紙はドイツのエコな素材・呼吸するルナファーザーです。
静電気がおきにくく、埃がつきにくいので、掃除などのメンテもラクなのが特徴です。
 
 
■冬季の頭部マッサージの重要性■
 
血行を良くするマッサージは、冬季は筋肉が収縮しやすいので、特に大切です

肩こりも改善に努めましょう。肩凝り改善に努めたら、翌月、発毛率(育毛)に、毛が太く(養毛)がUPしていたという方を何例も見ています。
植物ではありませんが、冬場の土壌作りは、とても重要なファクターです。
 
(注)カゼを引いてしまった。何日も洗えなかったという時のシャンプーは、よりていねいにシャンプー剤をもう1回位多くつけて、しっかりと洗ってください。特に発汗した場合は、「ていねい」の二乗くらいでシャンプーをしてください。
 

1

« 季節に合わせた頭皮ケア: 2018年6月 | メインページ | アーカイブ | 季節に合わせた頭皮ケア: 2020年2月 »

このページのトップへ

3分でわかる 頭皮トラブルの原因について
SNシリーズご購入はこちら