HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 季節に合わせた頭皮ケア: 2021年1月

頭皮のコラム 季節に合わせた頭皮ケア: 2021年1月

男性型脱毛(AGA)も新型コロナウィルスもオゾンで不活化

冬は脂漏性皮膚炎で悩む人が少ない季節です。
しかし薄毛・抜け毛も引き起こす脂漏性皮膚炎や脂漏性湿疹の芽は温存されていることも多いのです。
AUT_0020.jpg

2021年の冬は寒い日も多い様ですが、新型コロナウィルス感染拡大防止で、行動を制限されて寒いですね。
昨秋から保健所傘下の衛生組織の指導が厳しく通達されました。 
p-majikiri.jpg
 
役務(理容サービス)にも(商法Rマーク)取得の【SNシャンプー/なごやしずえ理容室でも感染対策を強化しています。
 
★人体に無害な低濃度オゾン=紫外線消毒は、新型コロナウィルスを不活化します。
disinfection.jpg

さて、脱毛を引き起こす男性型脱毛(AGA)は男性ホルモンのテストステロンが薄毛の原因となる悪玉のジヒドロテストステロン(DHT)へと変換される時に5αリダクターゼによって起こります。
 
そして、DHTは、頭皮に存在する男性ホルモンレセプターと結合して抜け毛を増加させる脱毛因子(TGF-β)を生成します。
この脱毛因子の働きによってヘアサイクルが乱れ、薄毛が進行していくのです。
 
つまり5αリダクターゼは、AGA発症の要因物質の一つで、また、人体に存在する還元酵素の一種です。
 
★頭皮に存在する男性ホルモンレセプター(DHT)は、遺伝的にプロミングされているでしょう。
 
ところで、化学的に「還元」とは、酸化物から酸素を取り去ることをいいます。
 
オゾンは、「O₃」つまりOが3つあります。3つの酸素(O)を頭皮に作用させると?
還元の反対に作用し、還元酵素の5αリダクターゼを抑制する方向性に働きます。

オゾン分子は「O₃」、酸素「O2」に酸素原子「O」が結合した構造をしています。
オゾンという状態で長い間存在できず、次第に酸素原子1個を放出して酸素に戻ろうとする性質があります。
 
その放出された酸素原子は、周囲のあらゆる物質と酸化反応を起こし、有害な物質に対しては、その細胞膜を酸化することで、細胞そのものを死滅させます。
つまり人体に無害な低濃度オゾンは男性型脱毛予防にナチュラルに働きます。★下記画像は、フード型オゾン器

20210122134327-ce20a8ac11cbc5475e86510a4feac0b51932359d.jpg
 
少しでも副作用のあることがわかっている5α還元酵素阻害薬や、前立腺肥大症の治療薬として使われていた薬を用いるか、
ご家族や親しい女性の立場でサポートするとしたら?

★ご相談・ご予約は 03-3711-0913  nagoya@sn-shampoo.com へ
頭皮 (地肌)毛根の200倍拡大チェック、4万例以上、持続可能なケアのSNシャンプー/なごやしずえ理容室の抜け毛防止には、脱毛につながる要因に対し一つ・一つナチュラルに対策しましょう!
脂漏性皮膚炎同様、毛根・頭皮の過剰な皮脂をよりナチュラルに除去、ていねいに洗い、体内要因にも対応しましょう。(オゾン機能付きのホームケア用アイテムのご用意もあります)

20210122142256-37c74956f98883230fc6f6f439402bb381f24bb2.jpg

★体内からも「酵華」=エンザイム=タンパク質で血流他、育毛を積極サポート

20210126174328-b291db5050c2e89e8d9d835e8dfec34f9d828eb8.jpg

1

« 季節に合わせた頭皮ケア: 2020年10月 | メインページ | アーカイブ | 季節に合わせた頭皮ケア: 2021年3月 »

このページのトップへ

3分でわかる 頭皮トラブルの原因について
SNシリーズご購入はこちら