HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 脂漏性皮膚炎: 2016年6月

頭皮のコラム 脂漏性皮膚炎: 2016年6月

汗 脂漏性皮膚炎 皮脂 におい ストレス

汗、その発汗メカニズムは、自律神経がつかさどっています。
脳にあらかじめ設定されている平熟(37度程度)を超えて体温が高くなると、発汗の指令が下ります。
良い汗はサラサラ感があります。逆に血行が悪くなると汗腺への酸素供給が上手に働かなくなり、
ベトつき感のある汗になり、雑菌が繁殖しやすくニオイも強くなります。


また、ストレスはニオイを強くします
ストレスを受けると副腎から皮脂腺の皮脂分泌を盛んにさせるホルモンを大量に出します。
これが結果的にニオイを作る元になる脂肪酸を増加させてしまうのです。


※頭部は髪が密集していることから、必然的に毛穴が多く、付随する皮脂腺も多くあります。)

★いずれも頭皮・毛根をクリアに洗えるシャンプーの重要性を示す"科学"では?ないでしょうか

参照↓
◆ 汗 アトピー 脂漏性皮膚炎 脂漏性湿疹
◆ 春, 花粉症, 脂漏性皮膚炎, スカルプケア
◆ 脂漏性皮膚炎, ステロイド外用薬 ~取材



 
20160617133317-ebec64a1d761bd327f1b68c82e71f6b7f487279c.gif


SNシャンプー】ご利用者様のお声から

80歳代の父が介護施設で入浴・洗髪をして、大きなカサブタ状のフケが出てイライラし、
ふと、息子と同じ脂漏性皮膚炎では?と、電話注文をしました。   

 shampoo.jpg         
                   
⇒【SNシャンプー】のつぶやき
高齢者は肌の抵抗力も、免疫力も、そして肌の機能自体もも弱まっています。まして、介護状態だと、洗髪機会も少なくなりやすくて、
上記の様な肌トラブルが多く見られます。シャンプー剤の見直しで、被・介護者も快適になり、家族の介護の手間も時間も、
医療費も少なくなると思うのですが・・・


※1Lサイズの詰めかえタイプです。

 20160617143937-d559240a63db2f256b2f90c5b983e1ea7c5dabb8.jpg20160617144002-08c8422a08875b39f0f953f526cc57c3dc67b90b.png
 
 
 
 

1

メインページ | アーカイブ | 脂漏性皮膚炎: 2016年9月 »

このページのトップへ

3分でわかる 頭皮トラブルの原因について
SNシリーズご購入はこちら