HOME > 頭皮のコラム > アーカイブ > 薄毛・抜け毛: 2020年3月

頭皮のコラム 薄毛・抜け毛: 2020年3月

完全オーダーメイドの医療用ウィッグを病児たちへ無償提供

SNシャンプー、発売以来のリピーター様の奥様、「ヘアドネーション」にご賛同で、3度目のお申し出です。
 
●ヘアドネーションとは

ヘアドネーションとは、癌や白血病、先天性の無毛症、不慮の事故などにより髪の毛を失った子供たちに、
ご賛同者様から寄付していただいた髪の毛を使用して、完全オーダーメイドの人毛の医療用ウィッグを無償提供する活動です。 


20200311171743-b5689760af156b92846b9d489eb04ed69f60094c.jpg

条件が31センチ以上の毛で、そして20~30人分を用いてウィツグが作られます。
 
今回ご提供の髪は40センチは越えていました。
ご近所の美容室でカットされてお持ちいただきました。

活きている酵素で肌・髪もアンチエイジング~オートファジー

なごやしずえ理容室は、アンチエイジングを、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典教授の「オートファジー」理論を、活きている酵素で週に1~2度、無理のない1食ファスティングでオススメしています。
 
●オートファジーとは、細胞が飢餓状態になると、細胞自身の一部や、体内の不要な細胞を分解し栄養源を作る機能のことです。
 
【オートファジーの仕組み】
まず、細胞内に膜が発生し、細胞質成分を包み込みます。この状態をオートファゴソームといいます。
その次に、分解酵素をもつリソソームと融合しオートリソソームを形成 → 分解  →栄養源、という細胞の自浄作用があることが解明されています。
 
【オートファジーでアンチエイジング】
現在、効果的な老化抑止法として食事制限が知られています。(食事制限は、糖尿病、心臓血管疾患、ガン、脳萎縮の発生率を低下させ、延命効果をもたらす報告もされています。)同時に、オートファジーを活性化させることも明らかになっています。
 
研究段階では、アミノ酸を合成することから、髪の毛、爪、美肌にも関係する報告も多数あります。
 
【オートファジーをおこすには…?】
人間の体ではオートファジーは毎日起こっています。が、年齢を重ねるとともに、オートファジーを抑制する因子が増え、オートファジーの機能が損なわれていきます。その結果、自浄作用が失われていき、老化に繋がるとされています。
 
しかし、このオートファジーを活性化させる方法も見つかってきています。それは「ファスティング(断食)」です。
 
人間では、断食後約24時間で活性化。3日で全身でのオートファジーの活性化が確認されます。
しかし、家事や仕事も考えると、3日も断食することは現実的ではないですネ。。。
 
【オススメのファスティング法】
オススメは、プチ断食の1食ファスティングです。それもなごやしずえ理容室は、活きている酵素で栄養を摂りながら無理なく週に1~2度です。下記の酵素は3分で体内に廻る、「飲む点滴」と言われています。消化エネルギーを必要としないため、ファスティング効果があるのです。
20200305184747-c136eac06ef44a6fd809d97949c0a3b64d283354.png
 
 
 
★出典

オートファジー-ノーベル賞を受賞した大隅栄誉教授の研究とは

(正常なマウスとオートファジーをおこせないマウスを比較してみた実験もあります。)

1

« 薄毛・抜け毛: 2020年2月 | メインページ | アーカイブ | 薄毛・抜け毛: 2020年5月 »

このページのトップへ

3分でわかる 頭皮トラブルの原因について
SNシリーズご購入はこちら